【徹底解説】衣装ケースを購入する際に押さえるべきオススメのポイントをご紹介!

【徹底解説】衣装ケースを購入する際に押さえるべきオススメのポイントをご紹介!

まさのプロフィール画像まさ
6か月前

はじめに

衣装ケースの購入

新生活、衣替え、収納スペースの整理など、衣装ケースを購入する場面は人生で多く直面すると思います。

世の中にたくさんの衣装ケースが販売されており、いざ購入するとなると悩んでしまう方も多いのではないでしょか。

衣装ケース購入のポイント

購入の際には、どんなポイント大事にして衣装ケースを収納するかで悩む方も多いと思います。

そのため、衣装ケースを購入する際に考えるポイントについて、多くの要素を解説させていただきました。

下記のような項目は購入の際に考えるポイントだと思います。

【考えるポイント例】

・形
・サイズ
・素材
・値段
・ブランド
・収納スペース

今回はこのようなポイントについて特徴やおすすめポイントを解説しますので、ぜひご覧になっていただければと思います。

衣装ケースの形は、大きく分けて4つの種類があります。この4つの衣装ケースの特徴と、それに関わる記事と商品についてご紹介します!

【衣装ケースの形】

・引き出し
・ボックス
・ワイド
・スリム

4つのポイントを見ると、どの衣装ケースを購入するべきかどうかを考えられて、良いですよね。

ワイド型やスリム型は、普段から意識することが少ない形式だと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

引き出し型

最も定番の形で、商品数が多く、使い勝手が良いとされている衣装ケースです!

使えるシーンは幅広く、ボックス型と異なり、複数段に積み重ねて使うことができるのがおすすめの特徴です。

引き出し型の衣装ケースについて知りたい方はこちら!

ボックス型

蓋を開けるようにして使用するこの形は、収納力があり、埃が溜まりにくいのが特徴です!

洗面台やクローゼットの上段のスペースなど、「ちょっと物を収納したい!」という場面では大活躍なのでオススメです。

ボックス型の衣装ケースは普段利用しない衣装の収納として使うこともおすすめで、長期保管にも向いています。

ボックス型の衣装ケースについて知りたい方はこちら!

ワイド型

名前の通り横幅のある衣装ケースで、比較的多くの収納が可能になっているのが特徴です。

ワイド型の衣装ケースは、横幅があるため収納力が高く、段数が3段などの小さめの衣装ケースでも、たくさんの衣装を収納できるのがおすすめのポイントです!

ワイド型の衣装ケースについて知りたい方はこちら!

スリム型

ウォークインクローゼットなど収納スペースが限定された場所に収納できる、横幅と奥行きが小さめの衣装ケースです。

横幅や奥行が40cmを下回るくらいのサイズがスリム型のサイズで、特に3~5段式の衣装ケースだと高さが出るため、場所を取らずに大きな収納ができるのが特徴です。

スリム型の衣装ケースについて知りたい方はこちら!

サイズ

衣装ケースの高さ

衣装ケースは1段~5段の高さが一般的に販売されているメジャーなサイズで、3段式の衣装ケースが最も人気の衣装ケースとなります。

5段式の衣装ケースだと、中には高さが1mを超える衣装ケースがあります。

それぞれの衣装ケースにおすすめのポイントがあり、各自のニーズに合わせて衣装ケースを選択していただくことが大事なポイントです。

1段衣装ケース

小物の収納やちょっとした収納に使える使い勝手の良い衣装ケースです。

数多くのブランドが展開しているサイズで、1段としての用途ではなく、重ね使いなどもできるのが特徴となっています。

1段式の衣装ケースについて知りたい方はこちら!

2段衣装ケース

収納力が上がりますが、場所を取らないのがおすすめのポイントです!

2段式の衣装ケースとしての購入だけではなく、1段式を2つ購入して2段式にしていただくのも特徴の1つとなっています。

段式の衣装ケースについて知りたい方はこちら!

3段衣装ケース

最も人気の衣装ケースで、収納力が高く、様々なサイズの衣装ケースが販売されています。

3段式の衣装ケースは、段ごとに収納分けたり、1段めは仕切りを入れて小物収納として活用するなど、幅広い使い方ができるのがおすすめのポイントとなっています。

3段式の衣装ケースについて知りたい方はこちら

4段衣装ケース

3段より収納力を高めたい方におすすめの衣装ケースで、比較的ラインナップが多いのが特徴です。

アイリスオーヤマや天馬などでは、かなり多くの4段衣装ケースが販売されており、用途に合わせて購入することができると思います。

4段式の衣装ケースについて知りたい方はこちら!

5段衣装ケース

高さが1mを超える商品もある5段式衣装ケースは、大容量の収納が可能となっています。

中にはスリム型の衣装ケースがあり、クローゼットなどで収納できる衣装ケースもあります。

収納のためだけではなく、メッシュ加工など洗練されたデザインの衣装ケースも販売されているので、インテリアにマッチする衣装ケースを選ぶこともできます。

5段式の衣装ケースについて知りたい方はこちら!

衣装ケースの奥行

奥行によって、クローゼットか押入れに収納できるかなどが変わってくるため、非常に重要なポイントになります。

【サイズ例】

押し入れ :6674cm

クローゼット:5355cm

個人的には、40cmだとをウォークインクローゼットにも安心して収納ができると思います。

奥行きの衣装ケースについて知りたい方はこちら!

衣装ケースの横幅

横幅も収納スペースを考える際には外せない重要なポイントです。

50cmを超えてくるとワイド型のカテゴリーに分類され、場合によるとクローゼットでは収納スペースが限定される可能性もあります。

型ワイドの衣装ケースについて知りたい方はこちら!

機能

キャスター

衣装ケースの下にキャスター(ローラー)がついているので、移動がしやすく、埃が溜まりにくいのが特徴です。

キャスターをロックすれば安定するため、移動なども楽々にできると思います!

キャスターの衣装ケースについて知りたい方はこちら!

仕切り

衣装ケースの中に仕切りを挟むことで、靴下や下着など、種類ごとに分けて収納することができるのがおすすめのポイントです。

特に小物の収納の際に仕切りを活用することで、収納のレベルを高めていただくことも、おすすめのポイントになっています。

ストッパー

脚にストッパーが付いている衣装ケースがあり、衣装ケースが安定した状態に保つことができます。

アイリスオーヤマや天馬の衣装ケースでは、ストッパー付きの衣装ケースを多数見ることができます。

床を傷つけたくなかったり、頑丈で安定性が欲しい方にはぴったりの衣装ケースだと思います。

素材

プラスチック

最も衣装ケースで使用されており、どんなインテリアや部屋にも合うおすすめの素材です。

耐久性に優れていて、匂いがつきにくく、どんなシーンでも活躍してくれるのがおすすめのポイントです。

布生地を使った衣装ケースは柔らかいため、収納スペースに柔軟に対応ができ、洗濯や捨てるのも簡単です。

プラスチックに比べて値段が安価なものも多く、低価格な部分が嬉しいのも特徴です。

木製でできているため、高級感のある衣装ケースが多く、値段が少し高くなります。

頑丈でカビが繁殖しづらいことが特徴で着物などをはじめとする高価な洋服を収納するのに優れています!

値段

3,000円以内

1段~3段式がこの価格帯の中心となっており、ニトリ、無印良品、アイリスオーヤマなど衣装ケースの有名ブランドも多く展開している価格帯になります。

初めて衣装ケースを購入する方、あるいは少し費用を抑えたい方にはおすすめの価格帯ですう。

低価格の衣装ケースについて知りたい方はこちら!

3,000円~5,000円

1段~3段式がこの価格帯の中心となっており、4段や5段の衣装ケースも該当します。

頑丈な衣装ケースや、デザイン性が優れた衣装ケースもこちらの価格帯では多くなってきます。

天馬の人気シリーズフィッツは、こちらの価格帯だと、1段や2段式が購入できる価格となります。

5,000円~10,000円

5段などの高さがある衣装ケースや、フィッツなどブランドシリーズのような商品がこちらの価格帯になります。

一部LOWYAなど高級路線の衣装ケースがこちらの価格帯に入ってきます。

収納場所

クローゼット

収納スペースとして最もメジャーな場所がクローゼットだと思います。

クローゼットはスペースが限定された場所になるため、どんなサイズの衣装ケースを購入するかが重要なポイントになってきます。。

クローゼットの中で収納を完結させたい方は4~5段のスリム型、小物やちょっとした収納だけの場合は1段の収納がおすすめです!

押入れ

押入れはクローゼットと比べ、比較的奥行きや横幅が取りやすい場所です。

そのためキャスター付きなどを除き、多くの衣装ケースの収納ができると思われます。

洗面所

小物やタオルの収納がメインになる場所で、スリム型で高さのある衣装ケースや1段収納ケースがおすすめです。

ブランド

ニトリ

北海道発祥の有名人気家具メーカーで、「お値段以上」で一度は目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ニトリはシンプルでコスパの良い家具を多数展開しており、特に衣装ケースでは、複数に組み立てができるNシリーズやMシリーズが人気です。

無印良品

ECサイトや実店舗で、一度は購入したことがある方も多いのではないでしょうか。

無印良品はシンプルなデザインの衣装ケースが特徴で、ラインナップは多くはないですが、コスパの良い衣装ケースを多数購入できるのがおすすめです。

アイリスオーヤマ

仙台に本社を置く家具・家電メーカーで、ECサイトなどインターネットでの購入がメインになると思います。

衣装ケースを初めとして高品質で低価格の商品を多数販売しており、非常に人気のメーカーの1つでおすすめです。

特に、3~5段式の衣装ケースは、他の衣装ケースのサイトと比較してお得な価格の衣装ケースが多いです!

コスパの良い衣装ケースを探している方には、ぜひ見ていただきたいブランドになります。

天馬

プラスチックを専門とするメーカーで、衣装ケースでは人気のフィッツシリーズを展開しています。

天馬の衣装ケースのおすすめはこちら!

その技術力の高さから、頑丈で壊れにくい衣装ケースを多数販売しており、少し値段が高くても購入される方が多いのが特徴です。

長持ちする衣装ケースや、頑丈な衣装ケースの購入を検討している方には、ぜひ選んでいただきたい衣装ケースになります。

ブランド別おすすめ衣装ケース

無印良品

loading...

ニトリ

loading...
loading...
loading...

アイリスオーヤマ

天馬

loading...
loading...
loading...

さいごに

衣装ケースを購入する際に考えるべきポイントとおすすめのポイントや商品などを紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

これから衣装ケースの購入を考えている方は、ぜひこちらの記事をチェックして購入をしてみてください。