【簡単解説】押入れに収納できる衣装ケースの選び方をご紹介!

【簡単解説】押入れに収納できる衣装ケースの選び方をご紹介!

まさのプロフィール画像まさ
6か月前

はじめに

本記事の特徴

押入れに収納する衣装ケースを購入する際に重要視するべきポイントをまとめております。

サイズや衣装ケースの型によって、どんな衣装ケースを購入すれば良いか悩む方が多いと思います。

押入れ収納で重要なポイント

押入れの収納で失敗しないために必要なポイントは、下記の2つです。

押入れ収納で重要なポイント
・奥行サイズの把握
・重ね使いに対応しているか

本記事では、この2つのポイントを解説していくことに加え、おすすめの衣装ケースも併せてご紹介させていただきます。

奥行のサイズ

クローゼットとは異なるサイズ

押入の収納と比較して、クローゼットは奥行きが狭いものが多いと言われています。

押入れは奥行き大きい分、小さいものを購入してしまうと隙間ができてしまうというデメリットがあります。

そのため、奥行のサイズをしっかり把握し、そこにピッタリサイズのあう衣装ケースを購入することが重要になってきます。

押入れのサイズ

一般的な押入れのサイズ
奥行き:90cm前後

一般的な押入れのサイズは上記と言われているため、このサイズに合わせた衣装ケースを購入することが重要です。

押入れにピッタリなサイズの衣装ケース例

①Fitsの衣装ケース

こちらはFitsシリーズでお馴染みの天馬の衣装ケースです。奥行きが74cmで、比較的どんな押入れの収納にもフィットする衣装ケースです。

②アイリスオーヤマの衣装ケース

低価格で高品質な家具や家電を販売しているアイリスオーヤマのこちらの衣装ケースは、先ほどの天馬の衣装ケースと同じく押入れ収納に最適です。

奥行が74cmで、比較的どんな押入れにも対応しており、積み重ねて利用することができます。

③押入れの下段に最適な衣装ケース

天馬の衣装ケースで6口の収納ができる優れもの。特にキャスターがついているため、下段でスムーズな利用ができます。奥行きは70cmなので、仕入れ収納に最適なサイズなのもおすすめです。

重ね使いができるか

押入れで収納力をUPさせる

押入れで収納力を上げるためには、衣装ケースを複数重ねて使えるかどうかがポイントになってきます。

積み重ねて活用することで、奥行きと高さを生かした収納ができるようになります。

ボックス型よりも引き出し型

収納力を向上させるためにボックス型の衣装ケースを考える方も多いのではないでしょうか。

ボックス型の衣装ケースイメージ

ボックス型は収納力が高い一方で、積み重ねて利用することが難しいです。そのため、普段使いで収納力を向上する場合は、引き出し型の衣装ケースを利用することがおすすめです!

重ね使いに対応する衣装ケース

①天馬のたっぷり収納衣装ケース

先ほど紹介したFitsの衣装ケースよりも高さがあり、収納力が高い衣装ケースです。なおかつ、積み重ねて利用することができるため、押入れの収納にはばっちりの衣装ケースとなります。

※詳細が気になる方は、リンクから積み重ねたイメージを確認してみてください!

②3つのサイズを積み重ねて収納

仲が透けないタイプの衣装ケースであり、衣装ケースに統一感を持たせたい方にはおすすめの衣装ケースです。

また、S 、M、Lサイズと別々のサイズを積み重ねて利用でき、収納力を高められるのが特徴なので、ぜひリンクからチェックしてみてください!

③3段式の衣装ケース

積み重ねてカスタマイズするだけでなく、既製品で3段式になっている衣装ケースを押し入れ収納として利用するのも一つの手段です。

半透明で収納力が高いアイリスオーヤマの衣装ケースなので、収納力を高めたい方にはおすすめの押入れ用の衣装ケースです。

気になる価格帯

ブランドにこだわらなければ低価格

天馬のFitsシリーズや、LOWYAの衣装ケースなど、ブランドとして高級感のある衣装ケースを購入しなければ、予算は1万円以内に抑えられることがほとんどです。

ニトリや無印良品だとお求めやすい

シンプルで種類が多く、価格帯もお求めやすいブランドなのがニトリや無印良品です。

定価格のものだと数百円台から展開している衣装ケースもあるので、価格を抑えたい人にはおすすめです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

押入れの収納ケースを購入する際に大事なポイントをご紹介させていただきました。

これから押入れ収納の衣装ケースを購入する方は、奥行のサイズと積み重ねができるかを考えて購入を検討してみてください!

関連する記事はこちら!