【一目で比較】マットレスをシーンに合わせて徹底比較!

【一目で比較】マットレスをシーンに合わせて徹底比較!

まさのプロフィール画像まさ
6か月前

マットレス選びを用途に合わせて

新生活や気分転換でマットレスを買い換えたい方も多いのではないでしょうか?マットレスは人生で多く購入するものでもなく、「何から調べえればいいか分からない」「何が自分に合っているのか分からない」といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

そんなお悩みを解決するため、テーマ別に情報が得られる記事を作成しました!必要なシーンや値段に合わせて、簡単に比較・検討ができるようになっています。

是非、これからの新生活を迎えるにあたり、比較してみてください!

値段で比較!

・1万円以下

最近はECサイトで手軽にマットレスを購入できるようになり、安価なマットレスが沢山あるので検討されている方も多いのでは無いでしょうか。

コスパの良いものもあれば、安いからこそ品質が悪く、結果的に長持ちしなかったという声もあるので、こ運輸の際は実際に試してみるなど、中が必要な価格帯です。ぜひ、購入の際は色んな商品を比較検討してみてください!

1万円以上のマットレスになると、マットレス単体だと質が担保された商品を購入することが多くなると思います!

ベッドフレームとセットで販売されているものもあり、一人暮らしを考えている方は、シングルとセミダブルどちらも検討できる価格帯になります。

私も昔3万円程度のベットフレーム付きマットレスを購入したことがあるのですが、数年間使うことができ、品質も申し分なかったので、比較的購入しやすい価格帯になると思います。

・3万円~5万円

シングルやセミダブルのマットレスでこの価格帯の商品を買うと、比較的質の良い商品を購入できます。ダブル~キングサイズでも、マットレス単体でこの価格帯に収まるものも出てくると思いますが、比較的品質は落ちる価格帯になるかと思います。

サイズによって大きく変わりますが、比較的挑戦しやすい価格帯なので、いろんな商品を試してから購入することをオススメします!

・5万円~10万円

10万円近くになると、シングル~ダブルのマットレスを購入する場合、ハイブランドのマットレスも選択肢に入ってくる価格帯になります!

手は出しづらいけどせっかくなら良いものを買いたい!という方が、挑戦しやすい価格帯です。

ダブルやクイーンのサイズでも比較的高価な商品を購入することができますが、ハイブランドの商品はアウトレットでないと手が届かない価格帯になりますので、注意が必要です。

・10万円以上

基本的にこの価格帯を超えると、ハイブランドの商品が中心になってきます。西川、シモンズなど世界的んい有名なブランド商品を購入し、安眠を手に入れたい方も多いのではないでしょうか。

数年間~数十年単位で使うことを考えると、思い切って購入するのも選択肢に入れてみても良いと思います!

ブランドで比較!

・シモンズ

高級ホテルでも多数使用されているお馴染みのシモンズは、しっかりとした硬めの素材を使用しているのが特徴!

世界で初めてポケットコイルを使用し、体の凹凸を支えてくれるシモンズは、振動に強く、隣の人が寝返りを打っても振動が少ないので、カップルや家族にも愛されております。

他のブランドと比較しても、人気ランキング上位にいつも顔を出す最高級メーカーです!

・シーリー

シーリーと言えば、柔らかい寝心地が特徴的で、雲の上で寝ているようなふんわりとした感覚。

体の凹凸や体圧で変化するコイルや、体の部位別にゾーンを区切った複数の素材を組み合わせが、他のメーカーと比較しても類を見ないほどの感触を実現。

男性と比較して女性の方に愛され、利用者も多いのが特徴です。

・サータ

日本国内のライセンスで販売され、なんといっても日本人の体に合ったブランドなのが特徴。

場所によって違ったコイルを使用しており、荷重のかかる度合いによって太さの違う2種類のポケットコイルが体を支えてくれます。

一度使用すると、その寝心地の良さから、他のブランドと比較しても日本人に強く人気を誇るメーカーと言えます。

・西川

代表的なマットレスのエアーでお馴染みの西川は、特徴的な特殊立体波形凹凸構造で体圧を分散する構造になっております。

寝具コーナーだけでなく、有名スポーツ選手の宣伝や、空港の待合室で見たことがある方も多いのではないでしょうか。

この体圧分散の構造は、他のブランドと比較すると、通気性が高く、寝汗をかきづらいのが特徴です。

・テンピュール

テンピュールと聞くと、真っ先に寝具の中でも枕を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

テンピュールはNASAの研究を元に開発されたことでも有名で、人の体に合わせて形状が変化するのが特徴です。

マットレスもその寝心地の良さから絶大な人気を誇っており、他のブランドと比較しても上位にランクインすることが多いブランドです。

固さで比較!

・高反発

高反発のマットレスの多くが、ウレタン素材で作られており、体が沈み過ぎない構造になっているため、寝返りがしやすいのが特徴的です!

万人に愛される高反発ですが、女性と比較すると男性の方に人気が強い傾向にあります。

代表的なブランドはシモンズ、サータ、西川がありますが、Amazonや楽天市場だと低価格帯の商品も多数品揃えがあります。

・低反発

体が沈み込むのでフィット感が高く、体を安定させることに優れています。

男性と比較すると女性の方に利用される傾向が強く、一度その寝心地の良さを味わうと抜けられなくなるほど。

代表的なブランドはサータ、テンピュールなどがたりますが、高反発と同じく、Amazonや楽天市場では幅広い価格帯の商品が取り揃えられております!

サイズで比較!

・シングル

一人暮らしの方に定番のサイズで、他のマットレスと比較すると、コンパクトでレイアウトなどが比較的取りやすいのが特徴!

夫婦で一人ずつ使用するといったシーンでも活用できるため、使い勝手が良く、特に日本では利用者が多いサイズです!

・セミダブル

一人用のゆったりとしたサイズのベッドで、握りこぶし二個分ほどシングルベッドより広いサイズ。

二人で眠るにはやや窮屈ですが、一人暮らしでゆっくり眠りたいと思う方には丁度良い大きさです!

・ダブル

一人だとかなりゆったりと眠れる広さで、高級ホテルなどに置いてあるサイズのベッドです。

二人でも比較的ゆったりと眠ることができ、1LDKなどのレイアウトにもフィットするサイズ感なので、人気のサイズです!

シーツやマットレスも種類がかなり豊富にあるのも特徴だと思います。

・クイーン

キングサイズと縦幅は同じですが、横幅が160cmとキングサイズと比較すると20cmほど小さいのが特徴。

とはいっても、家族で眠るのにも十分なサイズなので、小さな子供がいる家族連れでも利用しやすいサイズです。

高級ホテルでも比較的よく見かけるサイズになります。

・キング

クイーンより20cm横幅が広い180cmで、かなり存在感が大きいベッドとなっております。

2人で寝る際も十分な大きさですが、広い家でないと搬入や、レイアウトが難しいのが難点。高級ホテルでグレードアップした部屋で見かけることがあるサイズになります。

一度は眠ってみたい夢のマットレスになります!

部屋の大きさで比較!

・ワンルーム

ワンルームだと比較的6-9畳くらいの大きさのお部屋が主流だと思います。

シングルかセミダブルのサイズがフィット感があり、8~9畳の広さがあれば、セミダブルのマットレスを配置しても、狭さを感じないと思います。

・1DK、1LDK

1人暮らしだと、シングルとセミダブルどちらでも、かなりゆとりを持ってレイアウトの配置ができると思います!

ダブルを搬入すると、少し窮屈になる可能性がありますが、ワンルームと比較して広いため、比較的サイズは問題なく利用できるかと思います。

・2DK、2LDK

2人暮らし、あるいは家族暮らしも多いこの部屋のサイズには用途に応じて色んなマットレスのサイズが選べます。

ダブルやクイーンのように比較的大きいマットレスものもあれば、シングルでコンパクトに1人だけと言う場合もあると思います。

・3LDK以上

!こちらも色んな種類のマットレスに対応できる大きさです。大きいものだとキングサイズまで対応できる広さです

比較的色んな生活スタイルが想定されるので、全てのマットレスのサイズに対応できるのではないかと思います。